美容皮膚科|柏ファミリー皮膚科|柏駅の皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科

〒277-0005千葉県柏市柏1-5-4 K・SITYビル 5F
TEL.04-7163-4112
ヘッダー画像

美容皮膚科

美容皮膚科|柏ファミリー皮膚科|柏駅の皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科

医療脱毛

GentleMax Pro

当院では「医療脱毛」を行っております。 安全性を考え、厚生労働省の薬事承認を取得し、米国FDA(米国食品医療品局)でも認可されているシネロン・キャンデラ社「GentleMax Pro」を導入しました。 最も多くの施設で導入されている「GentleLase Pro」の最新上位モデルです。

どんな肌タイプ、毛質にも

GentleMax Proは速くて効果的なアレキサンドライトレーザー(755nm波長)と皮膚の深いところまで届くNd:YAGレーザー(1064nm波長)の2種類が1台に搭載されています。細かく設定できるため肌タイプ(色白、色黒、日焼け)、毛の質(太い、細い)、毛の濃さに合わせた対応が可能です。

当院は照射直径24mmサイズも準備しましたので、従来の1.5倍の速さで施術できます。しかし、隙間なく丁寧に照射しますので、全身ですと約2時間(診察、着替時間込み)かかることをご了承ください。

GentleMax Pro

GentleMax Pro

痛みについて

DCDシステムという特許技術による冷却ガスで直接皮膚を冷やしながら行うことにより、痛みは非常に小さくなっています(ジェルの塗布は不要)。 また脱毛時の熱から皮膚を安全に保護します。 部位によって痛みがあるときのため、塗る麻酔薬も用意しております。

安全のため

厚生労働省が承認済みのレーザーです。米国FDA(米国食品医療品局)でも認可されています。 また、皮膚科専門医の診察のもと医療脱毛を行います。

効果

4回照射で75%~85%の減毛効果を認めるため、当院ではまずは3回の照射をお勧めしております。さらにツルツルにしたい方は、追加照射のプランをご準備しております。

脱毛前

脱毛前

脱毛後

脱毛後

  • 治療内容:アレキサンドライトレーザー(755nm)による照射 ・スポットサイズ 18mm ・フルエンス 10~16J
  • 治療期間:8週間おきに5回施術
  • 治療費用:27,500円(税込)
  • 主なリスク:発赤、熱傷などが起こる場合があります。

医療脱毛について

カミソリや脱毛クリームなどの自己処理より肌に負担がかかりません。色素沈着や肌荒れも防げます。 エステ脱毛で使われる光脱毛器(医療機器ではありません)と比べられることがありますが、毛根への作用効率が高いため(3倍程度といわれています)、施術回数や施術期間が3分の1くらいになると考えられます。

なお当院の医療脱毛は、スピードアップするためオプションの24mm大口径スポットサイズを使用しておりますが、すき間なく照射するため全身の場合2時間程度お時間がかかります。

※18歳以下の方は、保護者の同席または同意書が必要です。

ピーリング(サリチル酸マクロゴール)

ニキビやニキビ跡、毛穴づまりの改善、肌のコラーゲンの産生や新陳代謝の促進に効果のあるサリチル酸マクロゴールピーリングを行っています。 サリチル酸は皮脂となじみがよく強力な角質溶解作用があります。一方で赤み、刺激の問題点がありましたが、マクロゴールに溶解することで効果と安全性が高まりました。 肌表面にある古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを活性化する作用があります。 当院では、刺激感の少なめな「サリチル酸マクロゴール」、効果の高い「ベビーピール」(サリチル酸マクロゴール+コウジ酸)を用意しました。ベビーピールは濃い濃度も準備しておりますので、慣れた方、症状の強い方にお勧めしております。さらにコウジ酸配合により美白効果が得られます。

方法

  1. 洗顔をしてから、ピーリング剤を塗布します。
  2. 5分後に洗い流します。
  3. クーリングをしてから保湿をします。 およそ30分くらいかかります。

月1回の施術を、5~6回お勧めしております。 ※予約制です。 ※妊娠中、授乳中の方はお断りしております。

リスク・副作用

  • 治療後に赤みやかゆみがでる場合があります。また、稀に肌の乾燥や肌が剥けるなどの症状が現れることがありますが、1週間程度で治まります。
  • アスピリンアレルギーやアトピー性皮膚炎をお持ちの方は施術をお受けただけない場合がございます。

※18歳以下の方は、保護者の同席または同意書が必要です。

マッサージピール

高濃度TCA(トリクロロ酢酸)、低濃度過酸化水素、コウジ酸が配合された薬剤を、肌にやさしくマッサージしながら浸透させることで、線維芽細胞を活性化させてコラーゲン増生し、肌にハリや弾力をもたらしていきます。コウジ酸のメラニン生成抑制作用によりシミやくすみも改善していきます。 即効性がありますので、施術直後からハリ、ツヤ、透明感を実感できます。 まれに翌日に皮むけすることがありますが、ほとんどダウンタイムがなく、施術当日は洗顔やメイクが可能です。

成分について

  • 高濃度TCA(トリクロロ酢酸):肌の深くまで作用するケミカルピーリング剤ですが、過酸化水素と併用することで赤みやひりつきを起こさずに効果を発揮します。
  • 過酸化水素:細胞の再生、コラーゲン線維の増生を促進します。
  • コウジ酸:シミのもとを抑制する美白成分です。

方法

  1. 洗顔
  2. 肌の状態をみながら、ピーリング剤をマッサージするようになじませます。
  3. 保湿

およそ30分くらいかかります。

2~3週間おきに5回が目安です。
その後は、1ヶ月ほど肌を休ませた後、メンテナンスとして1~2ヶ月毎がお勧めです。

※予約制です。
※妊娠中、授乳中の方はお断りしております。
※18歳以下の方は、保護者の同席または同意書が必要です。

リスク・副作用

  • 治療後に赤みやかゆみがでる場合があります。また、稀に肌の乾燥や肌が剥けるなどの症状が現れることがありますが、数日で治まります。
  • アルコール過敏症、重度の敏感肌、アトピー性皮膚炎やかぶれなどをお持ちの方は施術をお受けただけない場合がございます。

ダーマペン4

ダーマペン4

ダーマペンは髪の毛より細い超極細針で肌の表面に小さな穴を一時的につくり、肌の回復力を高める治療です。先端には16本の超極細針がつき、毎秒1,920個の穴をあけられます。深さは最大3.0mmまでで調整しながら有効成分を浸透させます。コラーゲンやエラスチンが生成されることで、肌のハリや弾力を蘇らせ、ニキビ跡や肌の凸凹、毛穴の開き、小ジワの改善効果が期待できます。同時に有効成分も導入されますので、肌の引き締め、若返り効果も期待できます。
当院の施術には、表面麻酔と成長因子の入った美容マスク、炎症を抑えしっとり仕上げる専用保湿クリームが含まれています。

効果

  • 肌のハリ、弾力
  • ニキビ跡や凹凸
  • 毛穴のたるみ
  • 小ジワ
  • シミ、色素沈着

オプション

ダーマペン4は以下の薬剤を追加導入できます。

https://kashiwa-family.com/wp/wp-content/uploads/2023/10/medical04_img23.png
Retinal active

<若返り、ニキビ>
ビタミンA・Eを高濃度に含み、日光や加齢による肌ダメージや衰えを目立ちにくくします。肌の再生を促進し、ニキビ痕を滑らかにします。

https://kashiwa-family.com/wp/wp-content/uploads/2023/10/medical04_img24.png
BENEV<成長因子>

<若返り、ニキビ痕>
成長因子は、お肌の弾力とハリのもととなるコラーゲンやエラスチンを増やしたり、損傷を受けた細胞の再生を助けターンオーバーを促進します。
日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAより製造認可を受けており、次の有効成分が配合されています。FGF(線維芽細胞成長因子)、EGF(上皮細胞成長因子)、ヒアルロン酸、アミノ酸、ビタミンなど。

https://kashiwa-family.com/wp/wp-content/uploads/2023/10/medical04_img25.png
Rejuran skin booster

<若返り>
サーモン注射と言われることもあり、組織再生物質PDRNにより肌を活性化させます。4種のアミノ酸を含み、年々失われる肌コラーゲンを維持します。Hyaluronic acidにより肌の保湿力を高め、皮膚の再上皮化を促します。

https://kashiwa-family.com/wp/wp-content/uploads/2023/10/medical04_img26.png
ウーバーピール

<ニキビ>
ピーリング作用により、ニキビやニキビ痕、色素沈着を改善させます。肌を再生させ、コウジ酸やアルブチンで美白作用をもたらします。

https://kashiwa-family.com/wp/wp-content/uploads/2023/10/medical04_img27.png
ヴェルベットスキン(PRX)

<ハリ、若返り>
成長因子が活性化され、線維芽細胞からのコラーゲン生産を高めます。美白作用のあるコウジ酸配合です。

方法

  1. 洗顔

  2. 麻酔クリームを塗る(20分待つ)

  3. ダーマペン4で施術し、基本はハイラアクティブを導入します。オプションで薬剤も追加できます。

    ハイラアクティブ

    ハイラアクティブはヒアルロン酸複合体が潤いを与え、コラーゲン形成、細胞修復を促進する抗炎症ミネラルや活性ビタミンが主成分です。

  4. 成長因子などの入ったマスクパックでしっとりさせながら鎮静します。
    1枚1、000円以上する美肌マスクを使用しますので、処置後の炎症を抑え潤いを与えます。

  5. 炎症を抑える正規品の保湿クリームでお仕上げいたします。

    SOIN EXTRÊME

    SOIN EXTRÊMEは、炎症を起こした肌を落ち着かせ、肌をしっとりさせます。

およそ50分くらいかかります。

3~4週間おきに5回が目安です。
その後は、1ヶ月ほど肌を休ませた後、メンテナンスとして1~2ヶ月毎がお勧めです。

※予約制です。
※妊娠中、授乳中の方はお断りしております。
※重度の敏感肌やかぶれなどをお持ちの方は施術をお受けいただけません。
※18歳以下の方は、保護者の同席または同意書が必要です。

リスク・副作用

  • 治療の程度により、赤み、内出血、腫れやヒリつきが生じることがありますが、ほとんどの場合、数日で消失します。長い方でも1週間程度で消失します。
  • 治療後12時間は洗顔やメイクをしないでください。
  • 当日の首から下の部位のシャワー浴は可能ですが、入浴やサウナは控えてください。
  • 針の長さを短く調整すれば赤みは抑えられます。

シミ、肝斑

シミにはいくつかの種類があります。通常はこれらが混じっていることが多いです。

  • 老人性色素斑:光老化に伴う色素増加で、頬など露光部に多く、30歳以降にみられます。
  • 雀卵斑:5mm以下の淡い褐色斑が頬などに多発します。幼児期から思春期に発症します。
  • 後天性メラノサイトーシス:額、頬などに大小さまざまな茶色や青灰色の斑が集簇します。20歳以降にみられ、アザの一種と考えられます。
  • 肝斑:両頬部、鼻などに比較的境界がはっきりとした褐色斑で、成人女性に多い。色素細胞の機能異常が原因と考えられています。
  • 炎症後色素沈着:皮膚炎の後に残る茶色の斑。炎症後の生体反応です。

治療法

老人性色素斑、雀卵斑

薄くて範囲が広い場合は、トレチノインクリームハイドロキノンクリームを塗ります。あるいはケミカルピーリングを行います。 濃くて小さい場合は、色素レーザーがお勧めです。

後天性メラノサイトーシス

色素レーザーが第一選択です ※当院ではレーザーの取り扱いがありません。レーザー治療をご希望の場合は紹介となります。

肝斑

トランサミンとビタミンC(とビタミンE)内服+ハイドロキノンクリームで、少しずつ治します。治療に時間がかかる疾患です。 擦らないこと、日焼け止めの使用が必要です。色素レーザーは禁忌です。

炎症後色素沈着

ハイドロキノンクリームを塗ります。

小じわ

当院ではトレチノインクリームをご用意しております。
皮膚のツヤ、ハリが増して、印象が変わります。ただし深いしわには効果がありません。

各種クリーム

シミ

  • ハイドロキノンクリーム:美白剤です。
  • トレチノインクリーム:皮膚の代謝を促し、シミや小じわに効果的です。
  • トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服:美白作用があり、特に肝斑に有効です。

※現在納期が不安定となっております。ご購入希望の方はお手数ですが、クリニックへお問い合わせ下さい。

 

初診時と3ヶ月毎の診察が必要です。初診:1,500円、再診:1,000円の診察料がかかります。

ハイドロキノンクリーム

シミの原因であるメラニン色素を作らせなくする美白剤です。 メラニン色素は表皮の深い層にあるメラノサイトという細胞で作られますが、ハイドロキノンはメラノサイトの活性を抑制し、メラニン色素の産生を抑えることができます。 シミの治療では、ハイドロキノンで新しいメラニン色素が作られるのを防ぎ、トレチノインでメラニン色素を排出するという併用療法が効果的です。 これらのシミに有効です。

  • 老人性色素斑(日光や加齢によるシミ)
  • 炎症後色素沈着(傷、やけど、湿疹の後にできるシミ)
  • 肝斑

トレチノインクリーム

トレチノインとは、ビタミンAの誘導体で生理活性が高く、米国ではしわ・ニキビの治療医薬品として使用されています。表皮の細胞を活発に増殖させるため、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、皮膚のターンオーバーが活発になります。それにより、きれいな新しい表皮に置き換えられます。

<効能>

  • 皮膚のターンオーバーを促す
  • コラーゲンの分泌を高めて、肌の張りをもたらす
  • メラニン色素を排出して、シミを薄くする
  • 皮脂の分泌を抑える
  • 小じわに… 代謝を促しコラーゲンを増やしますので、小じわに効果が期待できます。
  • シミに… 皮膚のターンオーバーが上がり、メラニン色素が排出されますので、シミが薄くなります。
  • ニキビに… 毛穴のつまりを取り除き、皮脂の分泌が抑えられます。ニキビ痕の凹凸にも効果があります。

<リスク・副作用>

数日後から皮剥けと赤みがでます。その後1週間程度で落ち着きますが、これはトレチノインの薬理作用によるものです。ご心配なときはトレチノインを中止しご受診ください。 ※妊娠予定、妊娠中、授乳中の方はご使用できません。

<注意事項>

トレチノインは米国ではしわ・にきびの治療医薬品としてFDAに認可されており、皮膚の若返り薬として使用されていますが、ハイドロキノンおよびトレチノインは医薬品医療機器等法において未承認の薬剤になります。同一の成分を有する他の国内承認医薬品等はないため、当院では常盤薬品から購入し院内製剤として作製しています。

アクネレント内服

アクネトレントはイソトレチノインというビタミンAの一種で、皮脂の分泌を抑えたり皮脂腺を収縮させる作用、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れているため、治療が難しい重症のニキビに対して効果があります。 欧米ではニキビ治療の薬剤として認知され、「ニキビ治療薬の切り札」とも言われていますが、日本では厚生労働省の認可がおりてないため保険が適応されません。 これまでいろいろな治療をしたけれど改善しないという方に試していただく治療です。

効果

症状が進行した重度のニキビの改善が期待できます。

  • ニキビの原因菌であるアクネ菌の抗菌・抗炎症作用
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 皮脂腺を縮小させる
  • ターンオーバーを整え、毛穴を詰まりにくくする

内服方法

1日1回、16~24週間の内服で効果が期待できます。8週目くらいで効果があらわれることが多いです。 改善が乏しい場合は、2ヶ月以上あけてからもう1回同様に内服します。 強力な薬剤であるため、医師の指示の下、用法用量を守って使用していただくことが重要です。 事前に血液検査が必要です。(血液検査代別)

治療が受けられない方

  • 妊娠中、妊娠を希望されている方(重大な副作用に、妊娠している女性に投与すると流産や胎児の奇形を引き起こすというものがあります。投与中と投与後1ヶ月の避妊が必要です。)
  • 授乳中の方
  • 未成年でも治療は可能ですが、16歳以上を勧めています。
  • イソトレチノイン、ビタミンA、大豆にアレルギーのある方
  • 精神疾患の方

持病、アレルギー、お肌の状況などによっては治療できないことがあります。

副作用

  • 皮膚や粘膜の乾燥症状
  • 頭痛(高用量を内服した場合に生じやすいです)
  • 肝機能障害

などがあり、皮膚や粘膜の乾燥症状以外は稀な副作用です。

注意事項

医薬品医療機器等法において未承認の薬剤となり、医師の判断のもと個人輸入手続きを行っています。

※未成年の方は、保護者の同意書が必要です。

ピアスホール作成

ピアスホール作成

医療用ステンレスと、その上に24金コーティングをほどこしたピアスの2種類を用意しております。 ※耳たぶのみ対応しております。(軟骨には対応しておりません)

リスク・副作用

  • 一瞬痛みがありますが、麻酔が必要なほどではありません。
  • 当日から洗顔や入浴、シャワーはできます。
  • 穴が定着するまで2ヶ月はファーストピアスを外さないようにしてください。
  • 金属アレルギーの方はご相談ください。当院では医療ステンレス、24Kゴールドコーティングの2種類を準備しております。

プラセンタ注射

プラセンタ注射

アンチエイジング、免疫力アップ、更年期障害などに効果のあるラエンネック注射を行っています。厚生労働省で認可されている医薬品です。週1~2回を1回1~2アンプル(本)を受けるのが理想的な頻度となるでしょう。

効能

  • アンチエイジング(肌のハリ、しわ、シミ、くすみ)
  • 乾燥肌
  • アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、花粉症など)
  • 更年期障害(のぼせ、イライラ)
  • 腰痛、肩凝り、筋肉痛
  • 疲労、風邪をひきやすい
  • 冷え性
  • 肝臓が疲れている、お酒を飲む機会が多い

リスク・副作用

  • 注射部位の疼痛、発疹、硬結が現れることがあります。
  • プラセンタの投与により感染症が伝播したとの報告は現在まで国内・海外ともにありませんが、ラエンネックを使用した方は献血ができなくなります。

※18歳以下の方は、保護者の同席または同意書が必要です。

にんにく注射

疲労回復に即効性のあるアリナミン注射を行っています。 主成分はビタミンB1で、エネルギー代謝を活発にして神経や筋肉の働きを改善する効果があります。注射をするとにんにくのようなにおいがしますが、にんにくが含まれているわけではなく、においは数分でなくなります。

効能

  • 全身疲労・眼精疲労・食欲不振・病前後の倦怠感
  • 風邪がなおりにくい
  • お酒を飲む機会が多い
  • 筋肉痛

リスク・副作用

  • 注射部位の疼痛、発疹、硬結が現れることがあります。
  • 嘔気、嘔吐、下痢、頭痛などの副作用報告があります。

高濃度ビタミンC点滴

肌のハリツヤや健康を維持する力があります。
高濃度ビタミンC点滴は、抗酸化作用によって肌のハリツヤや老化防止、免疫力向上、疲労回復に効果があることが知られています。

効能

  • シミの抑制
    肌が紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニンが生成されます。ビタミンCはシミの原因となるメラニン生成を抑制する働きがあり、シミの予防と改善をします。
  • 老化やニキビに
    ビタミンCは、老化や生活習慣病を誘発する活性酸素を抗酸化作用で抑制します。また、皮脂の分泌を抑制してニキビの予防や改善をします。
  • 疲労回復
    ビタミンCは、活性酸素に対する抗酸化作用により疲労の回復を早めます。
  • 免疫力向上
    ビタミンCは免疫力を向上させ、風邪を予防して健康な体をつくります。

リスク・副作用

  • 点滴の痛み(血管痛)
  • のどの渇き
  • 低血糖(めまい、冷や汗、疲労感等)。空腹や脱水のときは避けてください。
  • 心疾患、腎不全がある方はできません。
  • G6PD欠損症の方はできません(※以下をご確認ください)

G6PD検査(必須)

生まれながらの体質により、高濃度ビタミンC点滴で溶血性貧血が起きることがあります。そのため、点滴を受ける前には必ずG6PD検査を受けていただきます。
一度行われていれば再検査の必要はありません。以前に検査をされた方は受診時に検査結果をご持参ください。
検査結果がでるのに1週間かかります。検査結果がでてから点滴開始となります。
(日本人のG6PD異常症の発生は0.1%ほどと他国に比べて低頻度といわれています)

AGA(男性型脱毛症)

AGAとはAndrogentic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。毛周期のうち成長期が短くなり、休止期にとどまる毛が多くなることから、頭髪が細く少なくなる状態です。 日本人男性の場合、30歳代から始まり、発生頻度は30%程度といわれています。遺伝と男性ホルモンが関与しています。

AGA(男性型脱毛症)

治療法

①内服

「プロペシア(フィナステリド)」「ザガーロ(デュタステリド)」という薬を内服します。AGAの原因となる男性ホルモンDHT(ジヒドロテスステロン)の生成を抑える薬で、ご自身が決めた時間帯に1日1回内服します。肝臓で分解されるため、年1~2回の肝機能検査(血液検査)が推奨されます。また肝障害を指摘されたことのある方は医師にお申し出ください。

②外用

ミノキシジルという塗り薬の併用をお勧めしております。5%、1%の2種類があります。女性は1%からの開始をお勧めしております。

これらの内服、外用が、日本皮膚科学会ガイドラインで唯一推奨度A(行うよう強く勧める)に挙げられている治療です。 個人差はありますが、内服開始後約6ヶ月で効果が現れ始め、1~3年で薄毛が徐々に減って効果を実感できる場合が多いようです。すぐに効果が出なくても途中で諦めず、治療を続けていくことが大切です。

リスク・副作用

デュタステリド(ザガーロ)

フィナステリド(プロペシア)、デュタステリド(ザガーロ)は、性欲減退(1~5%未満)、勃起機能不全など男性機能障害、肝機能障害、うつ症状(1%未満)などの副作用報告があります。 ミノキシジルは、皮膚の発疹やかゆみ、頭痛、めまい、胸の痛み、心拍亢進、手足のむくみなどの副作用報告があります。 20歳未満での安全性が確認されていないため、未成年には処方できません。厚生労働省に承認されていますが、美容目的での使用については保険適応外の自由診療となります。

pagetop